七五三はいつやるの?お参りの時期をずらしてもいいの?

公開日: : 最終更新日:2014/07/11 生活・文化 ,

子供の健康を祝う七五三の神社やお寺でのお参りは、毎年11月15日
に行われています。

しかし、親の仕事の都合や子供の健康状態、その他の要因でどうし
ても七五三のお参りなどを11月15日に行うことが出来ない事があり
ます。

このような場合、七五三のお参りを早めたり遅らせてもいいのか悩
みどころです。

そこで、七五三のお参りやお祝いをいつからいつまでに行えば良い
のか、時期をずらす事はいけないことなのかなど、これらの疑問に
ついて説明しますので迷った時の参考にして頂ければ幸いです。

七五三はいつからいつまでに?

七五三はいつお参りに行ったらいいのかと疑問に思っている方も少
なくないと聞きます。

七五三は11月15日に行われる行事なのですが、必ず11月15日に行か
なければダメというわけではありません。

最近は仕事の多様化などにより、両親の都合がつかないので10月か
ら11月の上旬までにお参りするのが一般的になっているようです。

また、11月15日を過ぎてからお参りに行くという家族も珍しくなく
なりました。

逆に、11月15日当日やその前後の土日は神社がとても混雑すること
が予想されるので注意が必要となります。

神社での出張写真撮影などのサービスも11月15日とその前後はとて
も混雑をして予約がとれない可能性もあり、せっかくの記念日に写
真を残せないなどという悲しいことになってしまうこともあります。

さらに混雑していると子どもが不機嫌になってしまうなどのトラブ
ルも想定されるので、少し早めのお参りをする事はメリットが沢山
あります。

七五三のお参りやお祝いの時期 ずらす事は可能?

一般的には七五三のお祝いは、11月の15日に神社に出向き成長
を願いお参りするとされていますが、10月の中頃から11月の後半
ごろ迄の間に御祈祷の受付をされておられる神社もあります。

天候の良い時や土曜日、日祭日などは、混雑する事が多い傾向です
し、有名な神社などでは、大変に混雑しますので、せっかくのお祝
いを慌ただしい雰囲気の中で行なうよりも、時期をずらす事を考慮
されるのも良策です。

記念撮影などを写真館で行なう場合にも、必ず神社に参拝する日の
当日に行なう必要はありません。

撮影可能な人数等の条件なども有りますので、余裕がある期間で撮
影の予約を行っておられる、スタジオが多い様子です。

日にちに拘る事よりも落ち着いた雰囲気の中で、厳粛な心もちで成
長を祈願する事が重要です。

家族だけでは無く親戚など多くの方々にもお祝いして頂くこともあ
る、七五三は参加して頂ける方々の都合や、子供の体調等も考えて
柔軟な日程で行う事が大事な事であると言えます。

おすすめ関連記事:七五三で神社にお参りする時ってどんな服装がベストなの?

目次に戻る

スポンサードリンク

関連記事

004225

入院費が払えない時、高額療養費制度で負担軽減する方法

入院費や医療費が払えない。このような悩みをお持ちの方はいませ んか? 預貯金もなく、お金を貸

記事を読む

047118

七五三でお祝いの金額やお返し 平均的な相場が知りたいの

兄弟や親戚の子供、あるいは初孫が、七五三を迎えたら何かお祝い をしてあげなければいけないと考えるも

記事を読む

037541

家庭用精米機は圧力循環式が何故人気があるの?

毎日おいしいごはんを食べたい!と誰もが思う事ですよね。 しかし、どんなにこだわって作られたお米

記事を読む

043046

初盆で御仏前の金額相場は?供物は何が常識なの?

先祖の供養のためにと古来より行われているお盆ですが、大切な方 がお亡くなりになり49日の法要を終え

記事を読む

070470

結婚内祝いのお返しでおすすめは何?お返しの相場も知りたい!

晴れてめでたく結婚したあなたが、親戚や友人、職場の人たちから 身に余るご祝儀を頂いた場合、何かお返

記事を読む

027183

大特免許と建設機械作業資格は同時取得で相性抜群!

リストラによる失業あるいは今の仕事に不安や不満を感じ転職を 考えている方が、再就職先を探している時

記事を読む

047118

七五三で神社にお参りする時ってどんな服装がベストなの?

子供が七五三を迎えたら、神社に家族揃ってお参りに行こうと思う 時、気になるのがどんな服装で行けばい

記事を読む

096874

喪中の期間はいつまで?どこまでが範囲なの?

親、兄弟など身内に不幸があった時など、喪に服すという事は分か るのですが、実際自分の家族などが亡く

記事を読む

056882

夏場の暑い季節でもお米をおいしく保存する方法があるよ!

日本人にとってお米はとても大切な主食です。そんなお米の正しい 保存方法をご存知でしょうか。

記事を読む

tatemono_jinja

靖国神社への行き方と参拝の作法

靖国神社は今から145年前に建てられ、主に過去の戦争等で亡くなった 日本の軍人などが 祀られている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

  • 冠婚葬祭のマナー お金の相場や服装・持ち物などのまとめ
PAGE TOP ↑