ケルセチン配糖体の効果でなぜ体脂肪が減るのか教えて!

ケルセチン(クェルセチン)配糖体という聞き慣れない言葉が話題
となっています。

最近では、ケルセチン配糖体は体脂肪を減らす効果をうたった緑茶
が「特保」の表示付きで販売されていますので、体脂肪が気になる
中高年には大変気になる商品です。

緑茶以外にも、このケルセチン配糖体を含んだ健康食品が、ここ最
近になって続々と発売される今日ですので、きっとこの成分は体脂
肪を減らすのに効果があるのだろうと思って、様々な関連商品を調
べて回る日々を送っておられる方も多いのではないでしょうか?

そこで

・ケルセチン配糖体が何故体脂肪を減らすのに効果があるのか

・毎日の食事で摂取できるケルセチンを含んだ食べ物は何?

・体脂肪を減らす以外に何か健康に作用するの?

など、疑問に思うことや知りたいことを分かりやすくご紹介します
ので、これからケルセチン配糖体を含む健康食品を買って試してみ
ようとか、毎日の食事に摂り入れてみたいなどとお考えの方は是非
参考にして頂ければ幸いです。

ケルセチン配糖体とは?

ケルセチン配糖体には、体内の脂肪分解酵素を活性化させる効果が
あるとされています。

もともとはケルセチンに、抗炎症作用や抗酸化作用があるとして健
康のカテゴリでは注目され話題になっていました。

しかし、ケルセチンだけでは体内に吸収されにくい点がネックにな
っていました。

さまざまな研究の結果、ケルセチンと糖を組み合わせることで「ケ
ルセチン配糖体」というものになり、ネックだった体内に吸収され
にくいという問題がクリアされたのです。

これにより水溶性が向上し、腸などからの吸収効果が高くなりまし
た。

ケルセチンを含んだ食品は何がある?

ケルセチンは、ポリフェノールの一種で主に野菜に多く含まれます。

レタスなどの葉物の野菜やブロッコリーなどの果花菜の野菜のほか、
タマネギにも大量に含まれています。

093124

こういった成分は自然の食材から摂取することが望ましいのですが、
現代人の生活は以前と比べて大きく変わってきています。

欧米の文化が入って来たことで食生活もずい分変わってきました。

ケルセチンが健康にもたらす効果・効能

栄養が偏ったバランスの悪い食事や運動不足・睡眠不足、大きなス
トレスなど健康に及ぼす要因が増えています。

そういった生活を続けることで体内の血液の流れが悪くなります。

さらにその状態のままでいると、病気になったり老化が早まってし
まったりするのです。

そこでケルセチンを含む野菜を積極的に摂取することに注目が集ま
っているのです。

血液中の抗酸化力が高まり、血液の流れも良くなります。

これが生活習慣病の予防となります。

最近では、手軽にケルセチンを摂取できるようにお茶や健康食品な
どが販売されるようになりました。

生活習慣病の予防だけでなく、美容目的やダイエットの補助として
利用する人も増えています。

飲むだけで脂肪の分解を助ける作用が期待できる、とさまざまなメ
ディアでも取り上げられるようになってきています。

基本的には、普段の生活を見直すことが大事です。

それにプラスしてお茶やサプリメントを上手に取り入れて、より健
康になることを目指しましょう。

目次に戻る

スポンサードリンク

関連記事

077209

紫外線対策 日焼け止めに効果のある服装の色や素材の選び方

身近な紫外線対策には日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさし たり様々ありますが、日焼けによる肌へ

記事を読む

044610

糖質制限で本当に血糖値は下がるの?どんな食事が効果的なの?

健康診断に行って、血液検査をしてもらったら血糖値が前回の検査 の時よりかなり高くなっていた。

記事を読む

肩が上がらない 痛い

肩が上がらない時の痛い原因や簡単ストレッチ方法

ある日の朝突然、起きた時に肩が上がらない、腕が上がらないなど の症状に見舞われる人がいます。

記事を読む

039252

インフルエンザにかかったら何日学校を休まないとダメなの?

ある日突然、子供が高熱や咳、喉の痛みなどに襲われたため病院で 診察を受けたらインフルエンザに感染し

記事を読む

039252

インフルエンザの予防接種後、頭痛や吐き気 これって副作用?

インフルエンザの予防接種を受けたあと、頭痛や吐き気など体調不 良を訴える人がいます。 原因は

記事を読む

175848

マダニに刺されたらどうしたらいい?症状や治療法を教えて!

マダニに刺されたのが原因で最悪の場合、死に至るケースが日本で も増加の傾向にあり、ニュースでも度々

記事を読む

015847

血圧を下げる食材や効果のある簡単な運動って何?

高血圧の原因と病気 皆さんは、高血圧をほっとくと命にかかわる怖い病気だとご存知でしょうか。

記事を読む

009471

ノロウイルス感染 実は二次感染被害の防止が最重要

夏場に多いとされる食中毒が、寒い冬にも関わらず発生してしまう事で 世間を騒がすノロウイルス。

記事を読む

肩こり首こり頭痛

肩こりや首こりの悩みは枕の高さや選び方で改善するよ

肩こりや首こりに伴って頭痛も酷く、朝起きた時、良く眠れたはず なのに肩が痛くて首も回らないなど、ス

記事を読む

040619

花粉症の症状を和らげる良い方法ってあるのか

花粉症は別名「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。 花粉症は大人だけがかかる病気ではなく、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

  • 冠婚葬祭のマナー お金の相場や服装・持ち物などのまとめ
PAGE TOP ↑