観楓会の時期はいつ頃?どのような意味なの?

公開日: : 最終更新日:2014/12/06 生活・文化 ,

みなさんは、観楓会(かんぷうかい)という言葉をご存知でしょう
か。

文字通り楓(かえで)などの紅葉を観賞する集いの事で、北海道地
域では、秋に懇親を目的として行われる会合をこう呼んでいます。

本州以南に住んでいらっしゃる方には、春の花見を思い浮かべてい
ただければ、分かりやすいかと思います。

北海道では、南端にある松前、江差近辺を除けば、まとまった桜が
多く見られる場所が限られている為、秋の紅葉を観賞しながら飲食
する行事が定着したとされています。

なお、純粋に紅葉観賞を目的とする場合には、「紅葉狩り」と区別
して呼んでいます。

さて、本州以南の花見との大きな違いですが、日帰りでなく、宿泊
して催される場合が多い点です。

例えば、札幌近辺であれば、定山渓温泉、朝里川温泉、登別温泉や
洞爺湖温泉などが定番となっています。

宴会が目的の催しである為か、職場単位で、近郊の温泉に週末金曜
日の仕事終わりにバスで出発して、その夜宴会を行い、翌日土曜日
の午前中に解散というパターンも多く、紅葉を愛でるというよりは、
職場の慰安会という感じにとらえられています。

観楓会の開催時期は10月~11月ごろに行われる為、時期的にも北海
道ではかなり寒い地域もあり、北海道の温泉地にあるホテルや旅館
では、毎週金曜日を中心に団体予約が入っている所があるようで、
年末年始の忘新年会シーズンまで、宴会好きにはたまらない時期が
続きます。

このように、北海道独特の習慣である観楓会ですが、最近は泊りが
けではなく、近くの居酒屋で日帰りの飲み会だけで済ませる会社も
増えてきているようです。

しかし、観楓会は、本州における春の花見に代わる貴重な秋の社交
の場として重要な意味を持っています。

おすすめ関連記事:忘年会の出し物には盛り上がる簡単な手品はいかが?

スポンサードリンク

関連記事

064853

お彼岸の意味と春秋の期間はどの位あるの?

日本には、お彼岸の時期になると墓参りをしたりおはぎを食べたり する風習があります。 もともと

記事を読む

037541

家庭用精米機は圧力循環式が何故人気があるの?

毎日おいしいごはんを食べたい!と誰もが思う事ですよね。 しかし、どんなにこだわって作られたお米

記事を読む

025330

成田山の節分に来る有名芸能人を見に行こう

節分といえば豆まきですが、有名人や芸能人が直に撒いた豆を、 もしかしたら自分も拾えるかもしれないと

記事を読む

tatemono_jinja

靖国神社への行き方と参拝の作法

靖国神社は今から145年前に建てられ、主に過去の戦争等で亡くなった 日本の軍人などが 祀られている

記事を読む

016883

成人式に行かない人の割合やその理由とは?あなたはどうする?

地元を離れ就職や進学をしている場合、晴れて成人の日を迎え、成 人式に出席することで何年かぶりで友人

記事を読む

096874

喪中の期間はいつまで?どこまでが範囲なの?

親、兄弟など身内に不幸があった時など、喪に服すという事は分か るのですが、実際自分の家族などが亡く

記事を読む

056882

お米に付く虫を退治!その方法とは何?

主婦の皆さんの中には、ご飯を炊くのにお米の研ぎ洗いをしようと 米びつの中を見た時、コクゾウムシやマ

記事を読む

027487

千葉でイチゴ狩りするなら動物園も行かなきゃ損!

関東周辺にはイチゴ狩りが楽しめる農園がたくさんあります。 中でも千葉県はイチゴ狩りスポットの激戦区

記事を読む

083235

播州の秋祭りの日程や内容と注意点

兵庫県の南西部に位置する播磨地方一帯の神社で行われる大小様々 の秋季例大祭を総じて播州の秋祭り(ば

記事を読む

070651

炊飯器の内釜がはがれた そのまま使っても健康面は大丈夫?

どんなに高価な炊飯器を買っても、数年もすれば内釜のコーティン グがはがれご飯がこびり付き焦げたりし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

  • 冠婚葬祭のマナー お金の相場や服装・持ち物などのまとめ
PAGE TOP ↑