お墓参り お供え物をその場で食べるって?その理由は?

公開日: : 生活・文化 , ,

お盆やお彼岸、命日などお墓参りに行く際、お花やお線香、故人が
好きだった食べ物や飲み物をお供え物として持参しますが、お参り
が終わったあとにすぐお供え物を食べている人をよく見かけます。

せっかくの供物ですから、その場ですぐ食べてしまうのは逆に故人
やご先祖様には大変失礼に当たるのではないかと思う方も多いので
はないでしょうか。

しかし、お供え物を食べるのにはちゃんとしたある理由があるよう
です。

そこでお墓参りの際、お供え物をその場で食べる事についての考え
方をご紹介しますので不思議に感じている方はぜひ参考にして下さ
い。

お墓参りの花やお供え物をする理由

お墓参りは、亡くなった血縁者や親しかった人の供養のためにおこ
なうものです。

義理でおこなう場合も多いですが、根底にある目的は、故人の霊を
慰めることなのです。

もちろんお参りするのは生きている人ですが、故人のためだという
ことを忘れずに、決して生きている人の自己満足だけで終わらない
ようにしなければならないのです。

ですからたとえばお供え物ですが、これはお墓を荒らすような品で
あってはなりません。

成仏して欲しいからと大量のお花を供えれば、一時的にはお墓は美
しく飾られた状態になりますが、徐々に花は枯れていき、それが周
辺に撒き散らされます。

また、その華やかさが、まるで死を祝福しているかのようになって
しまいます。

そのためこれは、一見供養しているようですが、自己満足の範疇と
なってしまうのです。

また、故人と生前に酒を酌み交わしたことを思い出しつつ、故人の
好きだった酒を墓石にかける人もいます。

しかしアルコール分は、墓石を変色させる原因になります。

刻まれた名前に塗られた塗料をはがしてしまうこともあります。

したがってこれも、やはり故人のためになっておらず、自己満足と
なってしまうのです。

もちろん花や酒を供えること自体が悪いのではありません。

お墓を荒らさないように気をつけさえすれば、いずれも立派な供養
となります。

お墓参りでお供え物を食べる理由や考え方

花は適度な量を供えて数日後に回収したり、酒は墓石にかけずにそ
の場で飲むか、持ち帰るかするのです。

食べ物を供えた場合も、やはりその場で食べるか持ち帰ります。

放置しておけば腐ったり、鳥や小動物などに漁られたりするからで
す。

供えた品をすぐに処分することに抵抗を感じる人も多いのですが、
そうすることがお墓にとって良いことなのです。

つまり故人のためになるのです。

繰り返しになりますが、お墓参りには供養の心が必要です。

故人の眠りを妨げることがないように、安らかに眠れるように、お
世話をすることがお墓参りです。

そう考えることで、おのずからお墓参りにおけるマナーやタブーは
分かってきます。

目次に戻る

スポンサードリンク

関連記事

花火大会

琵琶湖花火大会の有料観覧席予約や穴場スポットを教えます!!

滋賀県にある日本最大の湖 琵琶湖で30年以上に渡って毎年行われ ている「びわ湖大花火大会」は大変人

記事を読む

ec449542a0263b8fcdffb27bf0cc2366_s

バレンタインで片思いの願いを叶える?椿大神社のパワーとは

好きになってしまった相手に、告白する勇気がなく、 片思いのまま過ごす毎日が切なくてとても辛いと、

記事を読む

045718

忘年会の出し物には盛り上がる簡単な手品はいかが?

「今年の忘年会で何か面白い出し物をやってくれないか?」と 上司に頼まれた場合、なかなか断ることって

記事を読む

011372

引っ越しで不用品回収業者の無料には要注意

3月から4月にかけてのこの時期、 単身一人暮らしや進学、就職などで、 引っ越しをしなければいけない

記事を読む

064813

お中元の時期はいつまで?ギフトの金額相場も知りたい!

会社の上司や両親など、夏のこの季節はお中元のギフト商品選びに デパートへ足を運ぶ機会も多いと思いま

記事を読む

067351

前厄は何歳から?厄払いの時期はいつまでがいいの?

厄払い(厄祓い)とか厄除け、厄落としと呼ばれる神社やお寺で行 われるお祓いは、何歳になったら行けば

記事を読む

023374

さっぽろ雪まつりの服装選びで防寒対策

冬の雪国での人々の過ごし方は、「ゆきだるま」や「かまくら作り」、 スキーやスノーボードをして過ごし

記事を読む

016883

成人式に行かない人の割合やその理由とは?あなたはどうする?

地元を離れ就職や進学をしている場合、晴れて成人の日を迎え、成 人式に出席することで何年かぶりで友人

記事を読む

056882

無洗米は水加減が命!失敗しない上手な炊き方のコツとは?

お米の精米技術は、昔に比べて大変進歩しました。 今ではすっかりお馴染みの無洗米は、最新の精米製

記事を読む

tatemono_jinja

靖国神社を参拝する時の服装マナーとは?

今から150年近く前に建てられ、桜の名所としても有名な靖国神社 は近年政府要人が参拝したことも相ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

スポンサードリンク

  • 冠婚葬祭のマナー お金の相場や服装・持ち物などのまとめ
PAGE TOP ↑